産み分けゼリーの効果とは?ピンクとグリーンの違い・成功率はどのくらい?

baby-007.jpg 

「2人目は女の子が欲しい!」
「跡取りに長男が欲しいと言われた…」
「女の子育てるの楽だよ~」
「男の子はいつまでたっても可愛いよ」

ママ友や知人から聞いたり、
様々な理由から希望の子供が欲しい!
と思う人もいるでしょう。

ネットで産み分けゼリーが良いって聞いたけど、
産み分けゼリーって何?どう使うの?
本当に効果あるの?成功率はどうなの?

という人のために
産み分けゼリーを解説していきます!

産み分けゼリーとは?

baby-013.jpg 

産み分けゼリーとは、
男の子・女の子どちらかが欲しいと思う人のための産み分け潤滑ゼリーです。
性交する前に女性の膣内に注入して使います。

男の子希望はグリーンゼリー。
女の子希望はピンクゼリーを使用します。

産み分け指導のある病院でも使用されているので
安心して使えるものです。

どうして赤ちゃんを産み分け出来るの?

染色体 

男の子・女の子の性別を決める仕組みは
男性の精子のY染色体(男)X染色体(女)のどちらかが
女性の持つ卵子と出会った時に決まります。

女性はX染色体しか持っていませんので

Y染色体精子+X卵子=YXで男の子
X染色体精子+X卵子=XXで女の子

ですので産み分けする時は、
このY精子とX精子のどちらかを
有利にする環境を作る事が大切です。

それを可能にできるのが産み分けゼリーの
ピンクゼリーとグリーンゼリーです。


どうやって有利な環境を作るの?

景色01 

X精子とY精子にはそれぞれ特徴があります。
X精子は酸性に強い
Y精子はアルカリ性に強いなど。

膣内は細菌や雑菌などから守るため普段は弱酸性ですが
排卵日に近づくとアルカリ性に変わっていきます。
おりものが排卵日近くになると臭う原因ともいわれています。
この変化も個人差があります。


精液は弱アルカリ性でできている

弱アルカリ性の環境は精子にとって良い環境です。
排卵日前にちゃんと受精しやすいように身体がちゃんと機能しているんですね。

男の子を望むにはいい環境でしょう。
でも女の子を望むなら良い環境とは言えないのです。

ですので産み分けゼリーを使って人為的に
膣内のpHをどちらかに傾かせます。

膣内のPhを酸性よりにするピンクゼリー。
アルカリ性寄りにするのがグリーンゼリーです。

しかしただゼリーを使っているだけでは
効果は減少してしまいます!

産み分けゼリーを使うタイミングや方法も重要です!

Y精子とX精子の特徴

特徴 Y精子(男) X精子(女)
寿命 短い
24時間
比較的長い
2~3日
Ph アルカリ性に強い 酸性に強い
運動能力 スピードが速い スピードは遅い
重さ 軽い 重い
精子の量 多い
X精子の2倍
少ない

このように特徴がいくつかあります。
ゼリーを使うタイミングも重要になってきます。

男の子を産み分けするには

・寿命が短いので排卵日1日前~当日に性交

・奥に射精してもらう

・禁欲することでY精子を増やす

女の子を産み分けするには

・寿命が長いので、2~3日前に性交して
寿命の短いY精子を弱らせておく。

・浅めに射精。時間をかけて
24時間しか生きられない
Y精子を弱らせる。

・薄め作業をすることで
Y精子を増やさないようにする。

他にも女性がオーガズムを感じると
膣内がアルカリ性よりになり男の子に有利な環境に。
なので女の子が欲しい場合は逆で
女性は感じないようにする事。

男の子の産み分けにリンカルという
サプリも有効だと言われています。

産み分けゼリーの成功率は?

baby-008.jpg 
産み分けゼリーの成功確率は約80%と言われています!
残念ながら20%の人は失敗してしまいます。

何もしなけば男女50%の割合ですので
効果は十分にあるんじゃないでしょうか?

産み分けゼリーは便利なアイテムです。
しかし間違った使い方をしていれば
効果は下がってしまいます

失敗してしまった人の中には
使い方を間違ったり、
基礎体温をはからなかったり
その人の体質だったり、様々です。

体質は変えられないかもしれませんが
正しい使い方、タイミングは
頑張ればできるはずです。


夫婦で協力することも大事です。

性交痛などある方は産み分けゼリーで和らいだ人もいるんですよ!

タイミングをはかりぜひチャレンジしてください!

まとめ

産み分けゼリーを上手く使うために

・基礎体温をはかり排卵日を特定
・排卵日検査薬を使う
・産み分けゼリーを使う
・ストレスを溜めない
・体調を整える
・夫婦に協力が大事


最後に…

絶対女の子じゃなければ、
男の方が良かった、と後悔するなら
産み分けゼリーを使ったやり方は
やめた方が良いでしょう。

着床前診断という100%産み分け可能な方法もあります。
・高額なお金がかかる
・日本では行っていない
・妊娠できるとは限らない

あまり一般的ではないので
ほとんどの人がタイミング+産み分けゼリーの方法を行っています。

私も産み分けゼリー&タイミング法で成功しました…が‼

baby-014.jpg 

排卵日2~3日前を狙い、産み分けゼリーを使って
女の子産み分けに成功しました。

ですが完ぺきな内容ではなかったんですよね…。
・薄め作業が出来ていなかった
・浅めでフィニッシュしなかった

主人が出張で2人部屋だったので
薄め作業しなかった。(苦笑)

そもそも浅めっていうのが人それぞれの感覚で難しいと思うんですが、
今でもなぜもっと浅くしなかったんだと
主人に対しての怒りを覚えています。

妊娠して性別が女の子と確定したときは
主人がすごく喜んでいました。

「産み分けゼリー使っておいてよかった」

主人が娘に甘いので今はそれが心配です!



こちらの記事も読まれています


関連記事

男女産み分け方法 ピンクゼリー ハローベビーゼリー グリーンゼリー 男女産み分け 妊活

2 Comments

葵  

ブログランキングから訪問させていただきました。
産み分けゼリーというのがあるんですね。
参考にさせていただきます。
また訪問させていただきます。

2018/01/21 (Sun) 12:18 | REPLY |   

さくさく02  

Re: タイトルなし

葵さんこんにちは^^
コメントありがとうございました!

参考にしていただけたら幸いです。

2018/01/22 (Mon) 16:37 | REPLY |   

Leave a comment