ピンクゼリー使用で妊娠率が下がる!?女の子産み分けは難しいの?

頭痛02 
タイミング+ピンクゼリーの産み分け方法は
ネットで色々な情報が簡単にできる今、
病院に行かないで、お金をなるべくかけずにできる女の子産み分け方法として
人気になってきました。成功率は約80%です。

しかし一方でこんな意見も
「ピンクゼリーを使って産み分けしてるけどなかなか妊娠しない」

「先生に女の子は時間かかるからね、と言われた」

「ピンクゼリー使うから妊娠しづらいのでは?」

「排卵日2日前は妊娠しにくいのでは?」

それに対し

「私はピンクゼリー使って1回で妊娠、成功した」

「私は2回目で成功した。ピンクゼリーと妊娠できないのは関係ないのでは?」

「産み分けしていないけど、私の周りは2人目なかなか出来なくて悩んでいる人多い」

という意見も。

どうなのか調べてみました。

ピンクゼリーの作用と効果

hajimemasite.jpg 

男の子を決めるY精子と女の子を決めるX精子

・寿命が短く酸性に弱いY精子(男)
・寿命が長くアルカリ性に弱いX精子(女)

これらの特徴を生かした産み分け方法が
タイミング法+産み分けゼリー。

女の子を産みたい場合
膣内を酸性に保つ
排卵日2~3日前を狙いトライ

男の子を産みたい場合
膣内をアルカリ性に保つ
排卵日1日前~当日を狙いトライ

これらは必ず守って欲しいコツです。

ピンクゼリーは膣内を酸性に保つ作用があります。
グリーンゼリーは膣内をアルカリ性に保ちます。
産み分けゼリーは膣内を酸性よりかアルカリ性よりにする作用があります。

排卵日2日前は妊娠しにくい?

ninshin16.jpg
引用元: http://www.associe-net.co.jp/maca/timing/

私は排卵日が1番妊娠しやすいと思っていました!
排卵日は1番妊娠しやすい日ではないんですね。
アメリカの研究だと排卵2日前が最も妊娠しやすい日です。

排卵日当日では遅すぎるという人もいます。
精子が排卵する時にスタンバイしていた方が良いからです。

卵子の寿命は12~24時間しかないそうで
年齢が上がるにつれ受精可能な時間は減っていきます。

排卵日2日前はあまり関係ないのではないでしょうか?

ピンクゼリーで妊娠率低下の理由は?

疑問 
ピンクゼリーは膣内の環境をコントロールするだけで
Y精子を死滅させるわけではないんですね。

排卵日2日前に射精した場合、寿命が短いY精子は少なくなっています。
そのため質の低い精子は減少していくと思います。

ゼリーではなく産み分けするという行為が妊娠しにくい原因かと思われます。

射精する回数が減る

杉山産婦人科の産み分けネットではトライ日以外は避妊を推薦しています。
考えなしに排卵日前後に何回もトライするのと
2~3日前のみ月1度しか出来ないのであれば
妊娠する確率が減ると考られます。

2人目3人目子育てストレスが原因?

1人目は男の子だったから…
と2人目3人目を女の子望む人が多いと思います。
ハローベビーゼリーのアンケートでも
約9割が2人目以降の産み分けを希望していました。

2人目がなかなか出来ない人も多いみたいで
2人目不妊なんて言葉もあるくらいです。

その原因は年齢が上がったことや育児ストレス
仕事のストレス、育児・家事協力しない夫にストレス…等々。

子育てが思った以上に大変で体調を崩してしまう人も多いです。
それによりホルモンバランスなどが乱れ
なかなか排卵日を特定しづらいケースがあります。

産み分けしにくい人に当てはまっていないか?

生理不順の人

排卵日が特定しづらく失敗の原因にも

不妊治療の人

不妊治療中で妊娠しにくい人

35歳以上の人

年齢が上がれば妊娠しづらくリスクも高まる

初めての妊娠の人

若くても不妊や病気などの可能性がある

そのネット情報はあっている?

スマホ検索 
ネットでも女の子の産み分け方法をたくさん見つけられますね。
中には妊娠しにくい原因があるかもしれません。

肉を食べるとよい?

酸性食品を食べて身体を酸性にするそうですが
身体は自分でバランスを保つ力を持っているので意味ないとの意見も。

肉ばっかり食べて体調が悪くなり風邪をひきやすくなり産み分けをあきらめた人もいます。
何事もほどほどに。

私はやりませんでした。
バランスよく食べ、妊娠しやすい身体づくりを目指したほうが良いと思います。

薄め作業って本当?

薄め過ぎるとダメなんだとか。
個人差があり男性の年齢や精力にもよると思います。

私はやりませんでした。
できなかったって言うのが正しいんですが。
結果それが良かったのかも。

きつめの下着?熱い風呂って本当?

睾丸を温めるとY精子が弱くなるそうで
きつめの下着や、トライ前に熱めの風呂とか。

でも平熱体温より温度が上がると
睾丸が精子を作らなくなり不妊の原因にもなっています。
ちなみに自転車も不妊の原因になってます。
ノートパソコンを長時間お腹にのせるのも良くないようです。
心当たりがある人は注意したほうが良さそうです。

信じたい人はやればいいですが…。

私はやりませんでした。
夫がトランクス派です。

産み分け自体がストレス?

女の子産み分けって作業感があります。
なかなか出来ず焦りでストレスになっていないでしょうか?

産み分けあきらめたら、妊娠した人もいますよね。

「あーいつまでこんな事続けてるんだろう?」
なんて思ったのは私ですが、産み分けストレスあったと思います。

他にも、病院に行くのがストレス。
検査がストレス・先生がストレス。
旦那の協力が得られないストレス。

ストレスは不妊の原因ともいわれています。
夫婦で話し合い、ストレスなく産み分けトライしたいですね。

まとめ

ピンクゼリーは妊娠率を下げる原因ではなさそうでが
産み分けすることは妊娠率が下がると思います。

女の子産み分けは感じない方が良いので
ピンクゼリーは性交痛を防ぐ役割もあるのではないでしょうか。

女の子は産み分けが難しいからという情報があるけれど
6か月過ぎてできなかったら何か他にも原因があるかもしれません。

病院で検査した事がない人は1度行って調べてみるのもいいと思います。

大事なのは規則正しい生活

やっぱり規則正しい生活・食生活
ストレスを溜めないことが大事だと思います。

私は33歳で女の子産み分けに成功しました。
6週目で出来たんですが、今回でダメなら病院行いこうと思っていましたが妊娠しました。

葉酸・マカ・ルイボスティーなど摂ったり冷えにも気を使っていました。
旦那さんにもマカを飲んでもらいました。

妊娠しやすい身体づくりを目指した事が成功したコツだったのかもしれません。


こちらの記事も読まれています

関連記事

男女産み分け方法 ピンクゼリー ピンクゼリーの障害 ピンクゼリーの副作用 ピンクゼリーを使うタイミング

0 Comments

Leave a comment