葉酸サプリって重要?絶対に飲まなければいけないの?

サプリ02 

葉酸サプリの摂取は本当に重要なの?

葉酸の摂取が妊娠前、妊娠初期に大事だという記事はよく見かけますね。
胎児の正常な発育に必要・胎児の障害リスクを減らせると言われています。母子健康手帳にも葉酸について記載されているページがあります。

「絶対サプリで摂らなければいけないの?」

と疑問に思うかもしれませんね。

お医者さんでも意見が違う

葉酸についてはお医者さんによって意見が違うみたいです。
妊娠が分かる前に飲まなければ意味がないという人もいれば
葉酸サプリを処方している産婦人科もあるようです。

妊娠が分かる時は早くて妊娠2か月ごろ

1~3ヶ月は胎児の神経系や各臓器が形成される重要な期間ですので、妊娠3ヶ月を過ぎてから摂取しても意味がないと言ったのかもしれません。

私は2人出産していて別々の病院でしたが特に何も言われた記憶がありません。
もしかして最初のころ看護師さんに何か説明を受けたのかもしれませんが、全く記憶にないです。

なぜ葉酸サプリをオススメするのか?

妊婦01 

二分脊椎が増えた

欧米では妊娠可能な年齢の女性の葉酸摂取で胎児の障害リスク発症を低減したという報告がありますが日本では神経閉鎖障害などの発症率は低かったので研究はされていませんでしたが、その発症率が増加したという報告がありました。

食生活の多様化・食生活の乱れ

ファストフード01 
食生活の多様化で葉酸を十分摂取していない人が増えたため、厚生労働省は妊娠を望む女性に対し積極的に葉酸を摂取することを呼び掛けています。

野菜中心の日本食から、ファストフードやイタリアンなどの食べ物が増えてきましたね。
気軽に食べれるし美味しい!ラーメンや牛丼も女性一人で食べている人も見ます。

朝はコーヒーにトースト、昼はラーメンやパスタ・夜はコンビニ弁当という生活の人は葉酸が全然足りてないってことですね。

でも忙しい女性も増えてきて、こういう食事の方がたくさんいそうです。

1日に必要な葉酸の量は?

・妊娠していない女性240μg(マイクログラム)
・妊娠している女性480μg(マイクログラム)
・授乳期340μg(マイクログラム)
※1日の上限1000μg(マイクログラム)摂取しないように気を付けましょう。

葉酸の含まれる食べ物

・ほうれん草・ブロッコリーなどの緑黄色野菜
・枝豆・納豆など豆類 
・のり 
・レバー
など

レバーは非常に葉酸が多いけれどビタミンAも多く、摂りすぎが心配されます。過剰摂取は害になってしまうので注意が必要です。

葉酸は食事からだと吸収しにくい

ほうれん草 

ほうれん草は100gあたり葉酸が210μgも含まれていますが、熱や水に溶けやすく茹でると110μgまで落ちてしまいます。
そして食事からだと葉酸を効率よく摂取しにくいという点があげられます。

ポリグルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型葉酸

葉酸には天然の「ポリグルタミン酸型葉酸」と合成葉酸の「モノグルタミン酸型葉酸」があって、厚生労働省は吸収効率が良いモノグルタミン酸型葉酸からの摂取がおススメしています。

特に妊娠前から妊娠3ヶ月までの間はいつもの食事プラス1日400μgのモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推薦しています。

約半数の人がつわりになってしまう…

吐き気女性 
私は2人子供を産みましたが、幸いなことに吐き気などはありませんでした。
でも、周りの友人は入院してしまったり、吐き気がしてずーーーーっとアメをなめている人もいました。
吐き気はなくても眠かったりだるかったりやる気が出なかったり、妊娠中は色々あるんですよね。

妊娠初期の大事な時期に赤ちゃんに栄養を送ってあげたいのに、食事もとれない…なんてことも。

そんな時に手軽に葉酸を摂れるサプリメントは大事になってくるんじゃないでしょうか?

もちろんサプリなしでも健康な赤ちゃんを産んでいる人はたくさんいます。

「葉酸を摂らなったけど大丈夫かな?」
「自分だけ飲んでなくて何かあったらどうしよう?」

と考えてしまう人は飲んでおいた方が良いのではないのでしょうか?

不安はストレスになってしまいますので妊娠中は非常に良くないんですよね。

まとめ

・葉酸サプリは妊活中・妊娠初期は特に飲んでおいた方が良い

・食生活の乱れで葉酸不足の人が多くなっている

・食事だけで毎日400μgは難しい

・葉酸はモノグルタミン酸型葉酸の方が推薦されている

葉酸サプリは絶対飲めとは言いませんが
食生活が乱れている、飲もうか迷っているなら飲んでおいた方が良いでしょう。

自分にあった葉酸サプリを選んでリスクを減らしましょう!


こちらの記事も読まれています
関連記事

葉酸サプリ

0 Comments

Leave a comment